眉毛育毛剤

眉毛育毛剤は併用しないほうがいいその理由

眉毛育毛剤は併用したら逆効果になってしまう

 

眉毛育毛剤の中にも全てが同じ成分で作られているわけではなく、血流を中心によくなるものや男性ホルモンが入っていたり、美容成分を中心に入れていたりとそれぞれ違う特色があります。

 

ですので今使っている眉毛育毛剤で思ったより効果が出ていないと感じたら、別の眉毛育毛剤は効果が出てくるのではないか?と目移りしてしまいます。

 

そして中には併用することで効果をより効率よく上げることができるのではないか?とも考えます。

 

ですが併用して使うことは止めたほうがいいです。

 

 

眉毛育毛剤を併用した時のデメリット

 

眉毛育毛剤は時として刺激を与えてしまう場合もあります。

 

それは眉毛育毛剤の成分の混ざりを良くするためのアルコールが入ってるからです。

 

メーカーは極力眉に刺激で異常を発することがないように、使っても問題ない程度まで考えられて作られています。
ですので1本だとなかなかそのような刺激に対しての問題は起こりにくいのですが、併用となると2本使うことになります。

 

つまり刺激物に対する効果も多くなってしまいます。
それによって眉への負担が大きくなって副作用が発する可能性が高くなってしまいます。

 

そうなってしまうとかゆみやかぶれが出てしまい、眉毛育毛剤が使えなくなるばかりか、眉毛も抜けやすくなってしまいます。

 

 

デメリットは色々とありますが、各メーカーは自社の眉毛育毛剤に関しての効果や安全性はわかっていますが、他社との併用に関しての説明はされていません。

 

1本の眉毛育毛剤を作るだけでも各メーカーは多大な金額を投入して成分の実験や効果、配合量など考えられて開発されたものですので、これ以上の成分を混ぜる余地はないと思います。

 

それを他社のものと混ぜるとなると効果がどう出てくるのかの立証はされていません。

 

ですのでコスト面やリスクで考えると眉毛育毛剤は1本に絞って使用したほうがいいです

 

もし使い続けても効果が出ないようでしたら併用ではなく、1本ずつ切り替えて使うのがいいでしょう。

 

 

 

眉毛育毛剤を併用して異常が出たら?

 

もし眉毛育毛剤1本でも中には副作用が出てしまう場合もありますが、併用するとその確率も高くなってしまいます。

 

メーカーは併用を進めていませんので、この場合は完全に自己責任です。

 

眉毛育毛剤を1本のみで使っている場合は肌の異常が出てしまうことは少ないです。

 

ですが、併用は正しい使用方法ではないので、これで異常が出てしまっても責任は自分になってしまいます

 

 

眉毛育毛剤の併用テストをしているメーカーはいません

 

テストをするコストや場合によっては他社に迷惑がかかったり人が他社に取られてしまうこともありますので併用テストのメリットが感じられないのが理由でしょう。

 

自分でやってみるのはリスクがありますが、それでもやりたいという人は刺激物が少ない無添加の眉毛育毛剤を選んでいくといいでしょう。

 

成分もしっかり確認して自分の眉に負担をかけないかの確認も大事になります。
もちろん自己責任で使用するのが大前提です。

 

 

併用するなら眉毛育毛剤ではなく改善した生活習慣

 

眉毛育毛剤を併用するよりも、普段の生活習慣を改善することが大事です。

 

生活習慣で内部を健康な状態に保てば眉毛も生えやすい環境が生まれ眉毛育毛剤の効果を大きく引き出すことができます。

 

 

眉毛に必要な成分

 

眉毛が薄くなってきたり、生えなくなってくるのは成分が影響していますが、それは眉毛育毛剤でカバーできる商品は多く出ています

 

その成分の中で不足しがちなのが、亜鉛です。
普段の食事で亜鉛を摂取することが少ないうえに、ファーストフードで食事をすると添加物のリン酸塩が含まれていることがありますが、これが亜鉛の吸収を阻害してしまいます。

 

そのほかにもタンパク質やカルシウム、アミノ酸も必要になってきます。

 

毛を作るだけでも意外と大変で毎日これらの栄養素を摂取できている人はほとんいないのではないのかと思います。

 

食事で接種することがいいのですが、忙しく摂取できない場合サプリメントでもその代用ができますので是非取り入れてださい。

 

 

最後に

 

眉毛育毛剤の種類は近年増えていることもあり、どれがいいのか迷ってしまいます。

 

迷うと両方使いたいと言う気持ちもわかりますが、併用はデメリットが大きいので2本目の資金は生活環境を変える食事やサプリメントに使うのが最適な方法かと思います。