眉毛育毛剤

眉毛を抜きすぎた!剃りすぎた!失敗した人に読むごまかし隠す方法

もっときれいに!もっと整えたい!と眉毛をお手入れしている際に出る失敗と言ったら眉毛を抜き過ぎたり切りすぎたりもっと言うなら剃りすぎてしまうとするミスです。

 

そのためここでは、眉毛のお手入れに間違ってしまった場合のごまかし隠す方法についてを取りあげていこうと思います。

 

眉毛のお手入れに失敗した際のごまかし隠す方法

 

眉毛を抜き取り過ぎてしまう他、剃りすぎたり切りすぎたりしてしまうなどと、眉毛のケアでミスしてしまう場合、眉毛がはげてしまったり薄まりすぎたりと勤務やスクール等で悩んでしまうときも。

 

女の人においてはメイクで誤魔化していくことも可能ですが男の人でしたらそれがなかなかできにくいため重大なミスになります。

 

ですが眉毛のケアにミスした際と言うのは「生やす」か「誤魔化す」の2択なわけですから、手始めに心持ちを変えて生やす尽力と誤魔化すスキルを覚えておきましょう。

 

切るのに失敗しなくなった眉毛を復活させる方法

 

抜き過ぎたり剃りすぎたりやって失くした眉毛を生やすにはまず眉毛を増やしていくことが大前提となります。そこでなにができるのかと一番スピーディーなのは顔や眉毛の洗顔方法に気をつけることになります。

 

洗顔料やシャンプーや洗顔料が眉毛の毛穴にふさがってしまうと眉毛の成長を阻害し、新しく生えてくることが難しくなってしまいます。だからと言って、早くこの状況を改善したいのに洗い方だけを気にかけて眉毛が増えていくのを気長にに待てないですよね。

 

ここで一押しなのが、眉毛用の育毛剤を使うことです。最近は太い眉毛やナチュラルな眉毛が人気になってきており、それに伴って眉毛育毛剤の数も増えていきました。

 

眉毛育毛剤を使えば1〜2か月でなくなった眉毛が生えてきたという方もいるくらいに実効性がある商品です。

 

早く生やしたい!と言う人は植毛といったやり方もあるのですが、抜き取り過ぎただけでしたらそこまで不安視する必要はないです。眉毛を増やす、生やす方法を認識したとこで、2つ目は失った眉毛の誤魔化し隠すやり方についてを参考にしてください。

 

眉毛のミスした箇所はアイブロウを使う 

 

眉毛のお手入れミスした際の誤魔化し隠す方法の一つはアイブロウを使って誤魔化し隠すということ。と言っても、失敗のレベルにも影響されますが、アイブロウパウダーやアイブロウマスカラでミスをしてしまった箇所の周りの眉毛の量を増やしていくことで乗り切るやり方もあります。

 

日頃より化粧をやっていない方や男の人の場合では、眉毛を書いていくことに苦手な人が多いと思いますが、眉毛のケアにミスしたとき誤魔化し隠すにはこの方法が一番なのです。

 

自身の眉毛に似た色のアイブロウペンシルを使って形を作っていきましょう。

 

眉毛ティントも効果的  

 

最近はこのような眉毛ティントと言う商品も出てきました。眉毛ティントとは眉毛と肌の表面にカラーを入れていくことができ、まるでアートメイクのような見栄えになる商品です。

 

眉カラーも簡単にできるということで最近流行ってきています。手順も簡単で形を決めて塗っていき、二時間ほどになると液が固まってきますのでそれをはがせば色がついているというもの。これは手軽ですよね^^

 

ただ眉毛ティントは女性の方にはもってこいな商品なのですが、男性の場合はますます使いづらい商品です。

 

眉毛のお手入れで間違ってしまわないために

 

眉毛のお手入れでミスしてしまうは、じつはあれこれと訳があるのです。それらの中でも何よりもたくさんいるのが「考えなく行う眉毛のお手入れ」により引き起こされる失敗になります。

 

眉毛と言うものは両サイドのつり合いだけに限らず顔との適合性もあるため簡単ではなく、むやみやたらにケアしてしまいますと細すぎたり薄すぎたりしてしまう要因となります。

 

なら眉毛のお手入れをミスすることなくするにはどういう方法を取れば正解かを見せていきます。

 

眉毛のケアで失敗する前に下書き

 

眉毛のお手入れでミスしてしまう大半は自分が理想している眉毛がぼんやりしてて起こってしまうものです。ですので、眉毛のお手入れをおこなうならしくじる以前きっちりと下書きをしてみましょう。

 

線が細いペンでもアイブロウペンシル等の化粧道具を活用してもよいので、両サイドのつり合いや細さを考慮して眉毛に下書きをしてその部分に沿ってお手入れをする事によって、剃りすぎたり抜き過ぎたりとなるミスはほぼ回避できるはずです。

 

眉毛を切るのにミスしない電動フェイスシェーバーを使う

 

抜き過ぎたり剃りすぎたりは下書きで回避できるにしても眉毛の薄くやり過ぎはむずかしいところです。ですが今現在の世の中は技術が進歩していますから、そのことも器具でミスを回避できるのです。

 

眉毛と一緒にできる顔そりの為の電動フェイスシェーバーにおいては長さを変えることができるアタッチメントが搭載されていて、前もってここまでの短さには剃毛できない設定ができて初めての人でもラクラク眉毛のケアが出来ます。

 

当たり前ですが、眉毛の形をきれいにするにもかなりいろいろ活用できるというのが魅力です。