眉毛育毛剤

薄い眉毛の人でも伸びっぱなしはNG!眉カット方法徹底解説

化粧で何よりも注視している所はどこなんですか? と質問されれば「アイメイク」と回答する人が大半なのではありませんか? 

 

もちろん近頃目力を上げるために注目点を置いたメークのやり方やアイテムがいっぱいあります。 ですがじつは目と同じ程度か、それよりも上に行くぐらい顔のイメージを大幅に影響を及ぼす部位が存在します。

 

これは「眉毛」になります。それにもかかわらず眉毛のメークは簡単に終わらせてしまってはいませんか?

 

眉毛のメークを決定するうえでも、自身の素の眉毛をいい感じにきれいにすることが肝心。ここでははさみだけを利用して眉毛をきれいにする方法をピックアップしていきます。

 

眉毛を変えるとここまで変化する?

 

眉毛が違ってくるとどれほどイメージが変化するのか、これを明らかにするには自分よりも他の人の変化に注目するとわかりやすいです。

 

WEBの検索エンジンで「眉毛」や「変化」というような用語を入れ込んで調べてみると、眉毛のイメージのことで記されているページがわんさかあります。

 

その中でタレントの昔と今現在の眉毛を比べてアップしている画像が出ているので、それを見たらいいと思います。私たちが目にしてもすぐに判断できるぐらいに変化ががわかることができます。

 

その写真を見てみればどれほど眉毛がもたらすイメージが大きいのかといったことが気付いてもらえるでしょう。 少し前から眉毛の型を調整してもらえる眉毛専門のお店も出店していて人気を集めています。

 

眉毛サロンにお願いすれば上手に眉をきれいにしてくれますが、定期的にきれいにしに行くのもしんどいですし金銭的な面もかかるのは負担がかかってしまいますよね

 

自分自身でもちょっとコツをつかめばきれいに眉毛を揃える事ができます。その方法についてご紹介していきます。

 

眉毛を切る前に大事なこと!自身に合っている眉毛を知る

 

眉毛を切っていく前に、自身のなりたい眉毛の型を考えることが先ですね。

 

自分にピッタリの眉のライン

 

顔の作りは十人十色違っているため似合う眉毛もその人次第で変わってきます。おのおので自身に似合う眉毛を作っていくには、その人の持っている眉毛を活かしたきれいなラインを作っていくことです。

 

これを決定づけるのが眉毛のゴールデンバランス。きれいな眉毛のラインに影響するゴールデンバランスがあって、これを作り出す要素下の3つとなります。

眉頭の場所
小鼻と目頭を線で結んで見てそれの延長線上に眉頭のあることろ

 

眉山の場所
眉山は眉をきちんと3等分した時に眉頭から3分の2の場所にくる感じに作っていく

 

眉尻の場所
小鼻と目じりを結んだ線の延長線上に眉尻のあることろ

ご自身の顔を鏡で見てみると良いですよ。
定規等を顔に当ててみると自身の眉毛のゴールデンバランスを決定づける場所がよく分かります。

 

シンプルが一番!

自分にピッタリの眉毛の太さ 眉毛の形、太さにはトレンドがつきものです。そのことに応じてこれまで眉毛の太さを作り変えてきた人もたくさんいるかと思います。

 

あなた自身に一番似合う眉毛の太さは、本来はあなたがご自身で持ってる眉毛の太さです。無理をして太くやったり、細くしたりせず、それを取り入れた方がナチュラルな眉毛のうつくしさが目にとまります。

 

無理矢理太さを出していこうとしてたり、細くしようとすれば美しく形をきれいにするのも時間がかかりますし、化粧をしても出来上がりがおかしくみえがちに陥ってしまいます。

 

眉毛をきれいにする時も本来の眉のナチュラルな太さを利用して切った方が、素人でも失敗の可能性が低いです

 

正当なはさみの使用する方法を覚える

 

眉毛をきれいにする用品としてはさみを利用している人がほとんどだと思います。はさみを利用して美しく眉毛をコーディネイトされているのでしょうか?

 

上手いこと上手に使用できないと言う人も少数とは言えません。

 

はさみできれいにする方法でよく見るミスが、 切りすぎ、形がおかしくなる、 思っていた感じのラインになっていない です。このことははさみをまともに使いこなせてない証拠です。

 

まず始めに眉毛を切っていく前にはさみのうまい使用法を修得していきましょう。はさみうまい使用する方法を下記にまとめました。

 

刃はカットする向きに合うようにする

 

眉毛切るときに、はさみの刃の向きを考えずに寝かせてカットしている人がかなり沢山いるのです。はさみの刃は切りたいとこと平行にしてカットしていくのが綺麗に切るコツになります。こうすればイメージするラインに眉毛を調整しやすく作り上げられます。

 

ブラシは使用しない

 

眉毛を切るときにブラシを当てそれからはみ出した眉毛を切っている人がいるようですが、その事も痛い目に会う要因になります。その理由は眉毛がむだなものまで押さえられてしまうので、切りすぎる要因になります。

 

はさみだけできれいに眉毛を合わせる手法

 

ではこれから眉毛を切ることに取り組んでいきましょう。数々な用品は使用しなくても眉毛はさみのみできちんと美しくできますよ。

 

@眉毛の型を整える
眉毛がぼさぼさとなっているときれいに切ることができないです。眉毛ブラシを準備してそれを使って眉毛を調整します。所持していない人は未使用の歯ブラシが代わりになります。

 

A眉毛周りの産毛を切る
眉毛の周囲にもうぶ毛が生えてますが、うぶ毛があると眉毛がぼやっとしたイメージに変わってしまいます。シェーバーできれいにしても問題ないのですが、眉毛専用のはさみを用いて余分な産毛を切っても上手いことケアできます。

 

Bなりたい眉毛に目しるしを付ける
前にご紹介したご自身のなりたいな眉毛のライン、太さに調整するには目印を付けていたら把握しやすいです。鏡を見つめつつゴールデンバランスに適した型を、アイブロウペンシルを活用して書いていきます。

 

Cはさみで型を調整する
目印をつけたライン、太さに合わせ眉毛を切って調整してましょう。先にご紹介したふうにはさみの使用方法に気をつけると失敗の可能性が低いです。 切る時に知っておいてもらいたいのが眉頭になります。

 

眉頭をカットしすぎちゃうと眉毛全体がぼやっととしたイメージをもたらしてしまいますから、カットしすぎ無いように気を付けてくださいね。

 

D双方のバランスをチェック
両サイド双方の眉毛のバランスを最後として確認して調節しましょう。この方法で眉毛カットのフィニッシュです。

 

ポイントをマスターしてしまえば問題なし!最初のうちは行動に移していくこと! 眉毛を可愛く切るのは素人では少し困難だと感じているかもしれないですね。

 

けれどもポイントさえつかめばそれほどまで困難なことではないです。 顔のイメージに関係する大切な部分である眉毛、あと少しケアに力を入れてあなた自身に似合っている美人眉を作り上げていきましょう。