眉毛育毛剤

眉毛を濃く太くしたい人必見!簡単にできる眉毛の作り方

眉毛のメークは1年ごとにトレンドがあって、近頃ではアイメイクというよりも眉毛の書き方のほうが大事だという女の人が増加しています。

 

今年はさらに眉毛メークというものがファッション雑誌等でも載せられていて、眉毛の書き方ひとつで流行の眉か流行遅れの眉であるのかが一目でわかってしまいそうです。

 

今年流行となっている眉毛、どうやったら自分自身でも手軽に書くことが可能になることに繋がるでしょう。

 

今年も濃い太眉が流行、眉毛美人を目指しましょう

 

少し前までは細長くて鋭い眉毛がかわいいとなっていましたけれど、ここ数年では濃く太い眉毛がかわいいとなってきています。本年も太眉が中心になっていて、アイドルさんやタレントの大半が太眉になってます。

 

ですが濃く太い眉毛は書き方をミスすると老け顔となったり、眉毛のみ協調が強くなってしまって流行遅れメークと化してしまいます。
本年も主流の濃く太い眉毛を取り入れるにはグッズと眉の書く順位が肝心だと言えます。

 

濃い太眉美人になるために必要グッズは3点

 

日頃、眉毛を書くのに何個の商品を使用してますか?あっても2点という方が多いようですが、濃く太眉美人となるには3点の商品を準備していきましょう。

 

先ずはアイブロウペンシルです。これは鉛筆タイプの種類でもリキッドタイプの種類でもいずれも問題ありません。自分自身が日常使用馴れているもの、そしてそれほど色が濃くないタイプを選定するのが大切です。

 

お次にアイブロウパウダーです。このところ、アイブロウはパウダーでしか書かない方もほとんどのほどメインになってます。薬局等でもリーズナブルなプライスでたくさんのカラーが発売されています。

 

その中で自身の眉毛の色に最適なものを選択しておくようにしてください。

 

 

最後はは眉毛用のマスカラです。これを活用するのと活用しないのとではまるでイメージが違ってくるので一つは所持しておくと重宝します。

 

色は自身の眉色にマッチしたもの、またはクリアタイプがいいです。眉毛は余分に剃るとか抜いたりやるのはダメで よく「麿眉」と言って眉頭部位をちょこっと残し後は眉毛を剃るとか引っこ抜いたりしている方がいらっしゃいます。

 

この眉のメンテ、細眉の時だとかなりやりやすいのですが太眉からしたらもっての外です。 剃るとか引き抜いたりして眉毛がなくなると太眉を書くときにどうしても違和感ある出来ばえが生じてしまいます。

 

眉毛のメンテはまず毛並をそろえて不要な眉毛を切る、抜くくらいにしておいて眉毛そのものの形はそのままにしておくのがコツです。 ここで眉毛の書き方についていきましょう。

 

まず眉毛に縁取りをしよう

 

眉毛と言ったら急に眉頭から書いてしまいがちになりますが、太眉においてはこの書き方だと太さがバラバラになっていきます。バラバラになってしまうことをを阻止するためには始めに自眉の縁をペンシルで薄く縁取りをやっていきます。

 

眉の上側と下側のラインを書いていくことでどれほどの眉の太さになっていくのかが解ります。この際眉毛が太すぎると思った時は太くなりすぎないように眉毛を切っていく等など調整をができるので、絶対アイブロウで縁取りをしていくことを意識しましょう。

 

この際に眉頭と眉尻は繋げないのが大切です。

 

あと眉毛の長さでありますが太眉の際、長くしすぎると老け顔に見られてしまいがちになるので眉の長さは目安として目尻ぐらいほどにして、眉山を必要以上に上げないのがコツです。

 

太眉で眉山を上げすぎるとと漫画のキャラみたいな出来ばえになってしまうため気をつける必要があります。

 

アイブロウパウダーを使って眉毛を軽めに書く

 

それからアイブロウパウダーを活用して眉毛を書きますが、この際気を付けておきたいことが必要以上にパウダーを付けて書かないということであります。

 

眉毛の濃さの割合をチェックしながらパウダーで薄く書くことでナチュラルな濃い太眉にできあがります。 この際に眉頭も書きますが、この時もはっきりと書くのではなくバラバラに出ている眉毛を埋めていく感じに書いていくのがコツです

 

これによりナチュラルな眉頭を作りあげることが可能になります。 眉尻は太くなることがないようにアイブロウペンシルで調整して付けたしていきましょう。長くなることがないよう注意して書くのがコツです。

 

アイブロウが消えないように、色を浸透させるように眉マスカラを使っていこう

 

ラストになりますがもうひと手間、眉マスカラを活用します。眉マスカラを活用するとパウダーで書いた部位とペンシルで書いた部位が馴染んできて、ナチュラルなできばえに変化します。

 

あとマスカラを使っていくことでアイブロウが落ちにくくなりますから眉が簡単に消えてしまうことがないです。

 

色が付いているの眉マスカラを使用すると眉毛のトーンが上げられて明るい表情に変わるので、TPOにしたがって色が付いている、クリアマスカラを上手に使っていくこともいいです。

 

眉毛の型や色で顔のイメージが変化してしまうほど眉毛メークはかなり重要な部分です。アイメイクに長い時間をかけている方は今度から眉毛に時間を費やしてみてはいかがでしょうか。

 

これらの方法を使ってもなかなか思った通りの眉毛にできない

 

これら上記のことをすべてやってみたのになかなか自分の理想的な濃い太めの眉毛にならない、、そう思っている人も中にはいると思います。

 

そのような方々に共通するのがそもそも今ある眉毛が薄すぎる、少なすぎることです

 

ある程度生えている眉毛の上からメイクするのと眉毛が薄すぎる上からメイクするのとではどうしても立体感が明らかに違ってきます。
あなたがこれまでの上記の方法を実践しているのになぜか理想通りの眉毛にはならない、、と思っているのでしたらそれは立体感が足りないことです。

 

残念ながらそこの部分ではメイクで出すことは非常に無理があります

 

ではこの立体感を出すにはどうしたらいいのでしょうか?
それは眉毛の育毛剤を使うことです。

 

育毛剤と言えば髪の毛に使うものとして有名ですが、最近では眉毛用の育毛剤が出てきています。
聞きなれない物ですが、この頃の太く濃い眉毛のブームで使用している方も増えてきました。

 

やっぱりなんだかんだ言っても下地に自分の眉毛が元からある人はメイクがしやすいです。

 

眉毛育毛剤のランキングや人気商品の使用した感想などまとめましたのでよろしければ参考にしてください。

 

⇒眉毛育毛剤のおすすめランキング