眉毛育毛剤

好印象のモテ眉に!ナチュラルな眉毛を作るための7つの方法

眉毛1つでみなさんの顔のイメージは大いに変わっていきます

 

化粧の時は利用しやすい麻呂眉がすっぴんの場合はのっぺりとなったイメージになってしまったり、ケアをしてないボサボサ眉毛では強さや男っぽさを感づいたり、すっぴんでも眉毛だけ書いたら思いの外そう見えたりすることはどなたでも思いあたるかも知れないのです。

 

オリジナルが出た眉ってのももちろん良いですが、もしもみんなから高評価の自然な眉毛を欲しているならやっぱり方法があるのです。今回はキレイで自然な眉づくりの7つの方法をお話していきます。

 

毛髪とのバランス

 

個々によって毛髪の色はさまざまありますよね。お洒落染めをやっている人も、何もしない人も色々といると思われます。 ですが、私たち日本人の髪の色は黒や黒から近い茶色が多くあるはずです。

 

そのことによって眉毛髪の毛同様の黒や黒から近い茶色になっているはずです。よって、毛髪に色を加えると眉毛が毛髪との色の相違でちぐはぐなイメージが現れてしまうことになります。

 

眉毛は明る過ぎても暗すぎても違和感が出てしまうのです。 なので眉毛の色は毛髪とのバランスを調節することを意識しましょう。眉毛は毛髪と同じ色か少し明るい色を取るやり方もありなのですが、ここでは毛髪と目の色のまん中の色を取るやり方を推奨します。

 

それを踏まえて必要性があるならば眉マスカラを活用して色を調節しましょう。

 

ペンシルの使用は止める

 

眉毛を書く際にペンシルを活用する人が沢山いるかと思われますが、自然な感じを出していくのだとすれば、ペンシルでは強過ぎてしまいます。

 

ですので、推奨したいのがアイブロウパウダーです。ぼかすのがやりやすく、筆を利用してソフトに色を置いていくことによりふわっととした眉毛を生み出す事が可能になります。

 

眉のシャドウの使い方でイメージを一変する

 

眉毛の下に薄い色のアイシャドウを入れるやり方で、眉毛のアーチが美しく見えて、眉毛も顔全体も上がって見えてきます。この程度だで顔立ちが締まり、ぱっちりした大きな眼に見えます。

 

ケアが大事

 

自然な太眉が主流だからと口にしても、眉毛が手抜き状態で伸びっぱなしなどと言うのはあってはいけません。眉は周期的に切ったり綺麗にしてケアをすることを意識しましょう。

 

また、カットのやりすぎはまばら眉毛の要因となってしまいますから、コームからはみ出ている余剰の眉毛を1本ごとにカットしていくことを心がけるくらいにして、適当にカットすることはしないようにしておきましょう。

 

これが下手な方は、1回サロンなどに頼んでみたらいいと思います。1回美しく整えて貰えば、そのあとのセルフケアも楽になりますよ。

眉はきれいにするけど抜き過ぎない

 

眉毛をきれいにするにあたって、毛抜きを利用して余分の毛を抜くことが美しくいい感じで見えるポイントです。 ですが、抜き過ぎはNO。中でも眉間の空きスペースを大幅に開けすぎてしまうと、顔のバランスが悪くなり、のっぺりと感じてしまうでしょう。

 

気がついて見てみたら抜き取り過ぎちゃっていたなどということが起きないように注意深くきれいにしてください。抜き取り過ぎてしま場合がある人は、最初にご自分で眉毛を書いてみて、はみ出しているあり余ったところをカットするようにすると抜き取り過ぎを避けることができます。

 

マスカラで型を整える

 

透明のマスカラを眉毛に薄く触れるふうにつけて、のちに眉ブラシで梳かし、必要以上のマスカラを取り除いていきましょう。これによって眉毛が1日スッキリと整ったまま過ごせます。

 

眉のカーブは穏やかに眉山をきちんと取っていき、カーブも強めに取れば、キリっとしている眉毛が完成します。ですが、自然さを望むようであれば、カーブは程よくしてください。

 

自身の眉山につれて、穏やかなアーチ形を取ると自然な感じとなります。 書き方であれば、眉頭を少し薄めに、少しずつ眉尻にかけて少々濃い目に書いてようにすれば、ふわふわしたかのような軟らかい眉毛になります。

 

 

いかがでしたでしょうか?困難なことではないですけど、こちらのパターンを頭に置いて眉毛をケアしていくだけで、美眉が作り上げられていきますよ^^