眉毛育毛剤

誰もが一度は経験!眉毛ケアで後悔した20代女性の失敗体験談集

誰しも一回は体験する眉毛の大失敗。今回は主に20代の女性に絞って紹介していきたいと思います。 同じ世代やそうでない方も共感することだと思います。

 

眉毛の失敗体験談と解決法

 

クラブ活動は眉毛なしに 26歳 雑貨屋

 

私は中学校の時に、母のドレッサーから剃刀をバレないように借りて眉毛を剃っていました。ですが高校生となった時には、眉尻の方の眉毛がほぼ生えなくなってしまっていました。朝に一生懸命眉毛を書いていても、クラブ活動ではもう汗で書いた部分が落ちているので眉毛がほぼない状態でクラブ活動をしていました。私のよくやっていた解決法と言っていいかわかりませんが、眉尻を擦ってると毛穴が刺激されてちょびっと生えてくるのではないのかと言う気休め程度です(笑)

 

あの頃はそれでもよかった 20代 パート主婦

 

高校生の頃はよくピンセットで抜きまくっていたり、剃刀で剃ったり、髪の色を考慮して脱色して眉カラーをしていました。その頃はそれでも良かったですけど、この頃の影響で最近までマロ眉でした。彼にも大仏さまだとかマロ眉と軽くバカにされたような言い方をしてきたりします。最初は笑いながら返していましたが、さすがにそれが続くと私も一応女の子(笑)なんで傷つきます。現在は彼の為にも眉毛は抜かずにケア用のハサミで長さを変えたり調整したりしているだけにしています。おかげて少しはマシになりましたが、以前のように戻るのはまだまだですね^^;

 

眉がないせいでヤンキーと 21歳 派遣

 

子どものころから太い眉毛で、中学生になってからこの太い眉毛に対し気になってきました。始めは母にお願いして、剃刀使って剃ってもらっていたのですが、後後それを自分でするようになりました。ですがある時剃った箇所が青くなっているのに気が付いてしまい、「これじゃあ眉毛が太いより恥ずかしい!」と思ってそこからは抜くようになりました。最初抜いた時はこんな痛いのをあとなん十本も抜かなければいけないの?と思いました。しかし青くなるよりはと抜き続けてしまった結果徐々に生えてこなくなり、高校生になった時にはでヤンキー扱いになっていました。元々目つきも悪いほうでしたので先輩と軽く目が合っただけで絡まれたりと、学生時代は結構苦労した思い出ばかりでした。現在も主人に「外出する時は、軽く眉毛は書いた方がいいよ!」と言われ、今では私の生活習慣の一部になりました(笑)

 

あの有名なキャラに 27歳 会社員

 

私は生まれてから眉毛がずっと太くて濃いです、そのためこち亀の両津の眉毛に似ているとよく言われてつらかったです。ケアはしたことなかったんですが思い切って剃ってみたところ左右のバランスがうまくいかずどんどん左右を剃ってしまい最終的にはかなり細い眉になってしまい後悔しました。後に、社会人に変わってからとある美容院で美容師さんに眉毛のケアの仕方教えていただきました。それは眉毛用コームを使って長い毛を切って、上下の余分なラインを剃刀で剃っていくのみで自然眉の形になるので、眉毛のバランスを気にしなくてよくなったので綺麗になりました。今は週に1回ほどお手入れをしていますが、眉毛についてもう色々と言い表されたりするありません。

 

マロ眉以上! 29歳 専業主婦

 

アニメの男性にしか興味のなかった私がリアルの彼氏が欲しくなったのでメイクをしようかなと思ってた時、始めはこのボーボー眉毛を何とかしようとと思って剃って形を綺麗に揃えることにしました。ですが剃っている最中に左の眉毛の外側らへんをミスして大きな穴をあけてしまいました。凄い目立ちます。マロ眉以上に変で穴がぽっかりとあいています。こんな変になるならやるんじゃなかったと後悔を募りました。。あれから 1年、今ではそのようなミスはしなくなり、二十歳の成人式の写真撮影の時にはメイクスタッフの人から「形が綺麗な眉ですね!」と称賛されるくらいまで上達しました^^

 

眉毛でイジメを体験して 24歳OL

 

私は写真で見ても眉毛に目がいってしまうくらい、人一倍濃ゆく、太い眉毛で小学生の頃はその眉毛の理由でイジメに合って問題になりました。イジメから抜け出したい、、と普通の人よりはかなり早い小学2年生の頃には眉毛剃ったり抜いたりしていました。それから徐々に眉毛も細くなっていき、中学生になるとすでに眉毛がほぼない状態になっていました。細い眉毛の状態はその後も続き、高校頃の受験面接では印象が大事ということであわてて眉を生やす事態に、眉にショックを与えると生えてくるかなと思って、当時流行っていたメンソレータムのリップクリームを眉毛に毎日たくさん使いました。ですが効果はなく、受験の日には薄いままで受けました。リップクリームって効果がないんですね。 いじめから解放されたいと剃ったり抜いたりしていましたが、現在24歳でもあの頃のように眉毛が生えてくることがないのでやりすぎない方がよかったのかなと後悔しています。

 

美容への関心が高い夫 26歳 専業主婦

 

毛抜きと眉毛用のカミソリ(眉毛用)を眉をきれいに整えてたのですが、ほとんどの場合左右非対称となってしまいます。私は器用ではないので難しいところだとは思いますが、形だけではなく濃さも左右非対称になります。眉毛用のハサミも使用していますが、ほとんどの場合失敗して眉毛が極細のヤンキーみたいになってたこともありました。髪型次第では片眉は隠すことができるのですが美容への関心が高い夫ですのできれいにしとかないとうるさいんです。メイクは眉毛からという台詞を作りたいくらい、眉毛はイメージを作るのに重要な存在です!

 

眉が濃くなった?25歳専業主婦

 

中学生では眉毛を細くするのが流行っていたためによく毛抜きを使って抜いてきましたが、頑張り過ぎて細くなりすぎて友人からそのことを言われたこともあって、かなり気恥ずかしい経験をしてしまったことがありました。そんなケアを続けた結果、なんと前よりも眉毛の毛質が硬く、太くなって濃さも以前より濃くなっていました。普通の眉剃りでは難しいので電気シェーバーで眉毛を切るようにしています。電気シェーバーは剃刀と比べてもお肌の負担がかからないので、前までよりは眉毛の濃さがちょうどよくなった気がします。この先やっぱり眉毛を気になってしまうという方は脱毛サロンで脱毛の施術を受けてもらうのがいいかと思います。

 

めぐみちゃんの悲劇 22代 大学生

 

高校の時の友達、めぐみちゃんの話です。めぐみちゃんの化粧は濃くて派手でしたので元の顔はどんな風になっているのか誰もわかりませんでした。そんなめぐみちゃんが、いよいよ皆がめぐみちゃんの顔を知る日がきました。それは修学旅行の日お風呂が終わった後にみんなでご飯で集まるときでした。そこにめぐみちゃんが現れましたが、全員が「え、誰?」といった感じにざわついて、面白いというよりも知らない人が来ているとシーンとなっていました。眉毛もほぼなかったので最低眉毛だけでも書いていたらよかったと思いました。聞いてみると修学旅行の前だから意気込んで眉毛をがっつり抜いたと。めぐみちゃんとは成人になってまた会うことがありました。高校時代とは違って今風のナチュラルの眉毛になっていましたが眉毛の下が、22歳とかなり若いはずなのに違和感があるほどしわしわでたるんでいました。おそらく若い頃に眉毛ばかり無理に抜きすぎて、肉が伸びたのだと思います。今は人気のナチュラル眉毛ですが若い時に眉毛を抜きまくってた頃の反動は大きいんだなと感じました。

 

最初のお泊りで・・・学校の講師、28歳

 

小学生の時にはもう眉毛を触り始めて、初めは剃刀を使っていました。ですが剃刀で剃ると剃った部分が青くなって気恥ずかしい気持ちになるようになりました。中学生入るとこの青みを消したくてうぶ毛専用の脱色剤を眉毛に付けたりもしました。これを数年間繰り返していたらほとんど生えてこなくなってまばらです。今の夫との初回のお泊りですっぴんになると、夫の一言が「眉毛って本当に大事だね」でした。眉毛は絶対に必要なものですね。

 

女子グループで・・・20歳・フリーター

 

中学生の時に、薄くて細い眉毛がブームとなっていたので、私の女子グループもそのブームに乗っかったのが眉毛をさわるキッカケになりました。今思えば、グループと一緒に眉毛の形をいじるのも若い時期だけだったので思い出としてやってよかったと思います。誰かのまねをしても眉毛だけでは同じようなイメージにはならないので、時間がかかっても自身の顔に相性の良い眉毛の形にしたいなとは考えています。

 

眉毛がお父さんに激似23歳 営業

 

いつも眉毛をケアするときは、剃りすぎてほぼない状態になってしまいます。すっぴんでは外出できないほどです。化粧やアイブロウのを使えば何とかいいんですが。高校生の時は、眉毛がなくても何も思いませんでしたが、ここ近頃は眉毛がないと気恥ずかしい感じるようになりました。太い眉毛や濃さで顔のバランスも変わってきますが、自分の場合は、太い眉毛にしてしまうとお父さんに似てしまいます。自分の親ながらそれがかなり嫌でついつい細く剃ってしまいます。眉毛がないと、イメージも大きく変化しますよね。周囲の人たちと比べると、太めにした方が変になりますので、太くするのは嫌です。

 

最後に

 

人によって 眉毛の苦悩は色々とあり、興味深かったですね(笑) 中でも20代後半の方は10代の頃に細い眉毛がブレイクした過去を体験している年齢ですから薄い、細い、生えないと悩んでいる方が多かったですね。

 

それも当然です、今の流行が太くて自然な眉ですので今まで以上に大変との事です。

 

流行の変化は怖いですね、少し前まではイケてると思っていたものが急にダサい、流行遅れに変わりますから。昔は頑張って抜きまくっていたのに今では頑張って生やすために紆余曲折。 中でもめぐみさんの話は細い眉毛時代をを象徴する内容でしたね(笑)

 

皆さん時代に影響を受けながらあきらめず頑張っている人が多くて感嘆します。 私もその細い眉毛の年齢なのでとても勇気をもらいました。

 

その年代の需要が高まり、眉毛育毛剤や眉毛エクステなど眉毛業界も盛り上がっています。 皆さんで生えてこなくなった眉毛を蘇らせましょう!